1対1形式のお見合いパーティーの特性|地方自治体×エクシオ婚活パーティー

パーティーのご予約・お問い合わせはこちら050-5 531-9451

全国地方自治体×EXEOコラボ HOME > 婚活のお役立ち情報 > 1対1形式のお見合いパーティーの特性

1対1形式のお見合いパーティーの特性

一般的な婚活パーティーでは、最初に参加者全員と2,3分ずつ話をする機会が与えられます。1対1形式のトークタイムとも呼ばれ、ここで気に入った方をチェックしておき、その後のフリータイムで声を掛けたりします。
1対1トークタイムはわずかな時間ですが、その後の流れを左右する非常に重要な時間でもあります。

1対1トークタイムはとても大切!

1対1トークタイムは、お相手の第一印象をチェックする時間でもあります。婚活では第一印象が非常に大切。最初に好印象を持ってもらえれば、お相手は「後でフリータイムに声を掛けてみよう」と思ってくれます。
逆に第一印象が悪ければ、誰からも興味を持たれなくなり、フリータイムでは暇になってしまうことも。

1対1トークタイムはわずか2,3分。その短い時間の中でいかに自分を印象付けられるか、話をしたいと思ってもらえるか。ここが最初の勝負の分かれ目といっても過言ではありません。
1対1トークタイムを制するものは婚活パーティーを制するのです。

最初の挨拶から好印象を残そう

服装や見た目については別途お役立ち情報の中に記載されているのでチェックしてください。ここでは態度や表情で好印象を残すコツを紹介します。

まずは最初の挨拶です。必ず守ってほしいことは、姿勢を正し相手をきちんと見ること。そして少し広角が上がるくらいの自然な笑顔で挨拶します。
自然な笑顔といっても、自分にとってどんな表情が自然な笑顔なのかは分かりづらいものです。自宅で鏡に向かって笑顔を作って練習してみましょう。自然な笑顔のコツがつかめるはずです。

プロフィールカードを見つつ、相手の話をよく聞くこと

1対1トークタイムでは相手のプロフィールカードを見ながら会話をします。
話題にしやすいのは、嗜好品・好きな歌やテレビ番組・趣味や特技・休日の過ごし方など。自分と共通するものがあれば話題を振ってみましょう。珍しい趣味や特技を持っていたら尋ねてみるのもいいでしょう。

会話の際は常に自然な笑顔を心がけ、相手が話しているときはきちんと相手のことを見て相槌を打つことが大切です。余裕があれば質問をし、もっと詳しく知りたい、という態度を示しても良いでしょう。

この最初の会話が簡単なようでなかなか難しいです。コツは、自分が話をするよりも、相手の話を聞くことを優先させること。人は自分の話を真剣に聞いてくれる相手に好印象を持つ傾向が強いからです。

婚活では、自分にとって印象の良いお相手を探すことはもちろん大切ですが、それよりも、相手から好印象を持たれるような話し方や態度を優先させる方が賢明です。その後のフリータイムで多くの方から声をかけてもらえれば、かなり有利な展開になります。

ここは気を付けよう

●下を向いてモゴモゴ
婚活パーティーに参加する人は、必ずしも恋愛経験が多い人ばかりではありません。中には異性を目の前にするだけで緊張してしまう人もいるでしょう。
しかし、相手のことをきちんと見ずに下を向いてばかりで、モゴモゴと話しているようでは、相手から好印象を持ってもらえません。姿勢を正すこととお相手をきちんと見ることは、基本中の基本です。

●自分のことばかり話す
お相手に自分のことを知ってもらいたいのは分かりますが、自分が話してばかりで、相手が話そうとしてもスキを与えない・・・これではお相手から良い印象を持ってもらえません。
また、相手が話しているのに内容をかいつまんで自分の話にすり替え、話の主導権を奪うのもNGです。

美深町セミナー研修会「婚活で成功する秘訣・1年以内に結婚しよう!」 レポート
婚活支援者養成セミナー
エクシオが選ばれる理由
© EXEO JAPAN All Right Reserved.